骨盤矯正の前に気をつけてほしいこと

私の友達でも骨盤矯正を始める人が多くなってきました。
出産を経験すると骨盤が開き太りやすくなりますが、母親になっても自分を磨き綺麗でいたいという思いは女性として当然です。
骨盤矯正にも様々な方法があり、自分の骨盤の状態を知り、それに合った方法で行うのが効果的です。
自分で調べようと思わなければなかなか知る機会がありませんが、骨盤のゆがみの方向を知らずに始めれば、効果がないばかりか歪みを促進させてしまうことにもなりかねません。

骨盤の歪みを正して綺麗に痩せたい

骨盤矯正をするとどんな効果があるか?と言えば、おそらく多くの人がダイエットと答えるのではないでしょうか?
それだけではありません。
骨盤を正しい位置に戻すだけで、下半身太りの解消から、バストやヒップが上向きになったり、便秘、下痢、冷え症、生理痛、肩こり、腰痛、肌荒れなどが改善されることもあります。これらの症状は骨盤の歪みから生じているケースがあるからです。
もちろん、ダイエットにも効果があります。骨盤を正常に戻せば痩せるのではなく、体質を痩せやすく改善することができるのです。
骨盤が歪んで開いた状態になっていると、お尻が横に広がりO脚になります。
O脚になると重心が外側にあるため太ももの内側の筋肉が衰えてしまいます。これが下半身太りにつながるのです。
せっかく骨盤矯正を行っても、再び骨盤を歪ませるような生活をしていれば意味がありません。
足を組んで座る、足を交差させて立つ、椅子に浅く腰掛け猫背になる、など、日々の生活で何気なくしてしまっていることに骨盤が歪む原因があります。